主語が三人称・単数・現在形の場合の 疑問文の練習をしましょう。

一般動詞の文の場合、疑問文・否定文では動詞は常に原形です。そのことを大前提として頭の中に入れておきましょう。

どんな場合が三人称で単数なのか、頭ではわかっていても、実際に英語を書いたり、話したりするときには、スラスラと表現できないと思います。そのためには、繰り返し練習する必要があります。                     

解説を聞く⇒

 

Pattern Practice で何回も繰り返し練習してみてください。日本語を見て英語を口に出しましょう。直後に音声を聴いて確かめてください。

 

1 あなたは音楽を聴きますか。

2 彼は音楽を聴きますか。

3 あなた方は音楽を聴きますか。

 

4 あなたの妹は音楽を聴きますか。

 

5 あなたのお父さんは東京へ行きますか。

6 彼女は音楽を聴きますか。

7 タロウは音楽を聴きますか。

8 タロウと彼女は音楽を聴きますか。

9 ユキは音楽を聴きますか。

10 あなたとユキは音楽を聴きますか。

11 あなたの兄は音楽を聴きますか。

12 タロウとユキは音楽を聴きますか。

13 彼らは音楽を聴きますか。

14  彼の兄たちは音楽を聴きますか。

15 その(the)イヌは音楽を聴きますか。

16 その(the)ネコたちは音楽を聴きますか。

17 あなたの兄は音楽を聴きますか。

18 その(the)列車は東京へ行きますか。